明誠高等学校

お問合せ
資料請求
MENU

お知らせ

2023.01.14

目標13

令和4年度SDGs推進事業(校庭の芝生化)~鳥取方式R~

日時:令和4年6月〜10月

場所:明誠高等学校第1グラウンド

▼芝生化するまでの流れを追った動画

【事業の目的】 
本事業は、SDGs「13気候変動に具体的な対策を」の目標達成に向けた取り組みの一つとして校庭の天然芝生化を行い、強風や降雨による砂塵防止・土砂流出防止、温暖化防止等の地球環境保全への貢献をするとともに、学校行事や授業・部活動時のけがや熱中症の防止と体力の向上、生徒教職員の自然の癒し効果によるストレス軽減、サッカー部の部活動振興を図ること、更には、本事業を通して生徒教職員の持続可能な社会を創出する一員である自覚と変容を促し、心豊かな人生が送れるように時代の変化に対応できる資質を育むことを目的とする。

【事業の内容】
・校庭(グランド)の芝生化 鳥取方式○Rの採用
 芝草は、耐暑性・耐旱性に優れ、踏圧・擦り切れ圧に強いティフトン419暖地型芝草と種子の生育生長がよいライグラス系寒地型芝草を選定し、一年中緑の状態にする。
・維持管理に必要な施設整備
散水は、地下水を利用する。掘削、汲み上げポンプ及び貯水タンクを設置、地中の配管設置、スプリンクラーを20か所に設置する工事を行う。
芝刈りは、遠隔操作ができるロボットを導入、芝の植え付け後、稼働をコントロールするための芝刈り機エリアワイヤー設置工事、充電を行うための充電庫の設置工事を行う。
・維持管理
業者の定期診断を受け、施肥、芝生の補修は、随時行う。

【事業の効果】
・芝生の弾力性が、スポーツ活動に安全性(けがの軽減)と体力の向上をもたらす
・環境教育の生きた教材として活用できる(環境教育の実践)
・走ったり、強風時における砂塵の飛散防止(近隣住民への生活環境への配慮)
・降雨時における土砂の流出防止(近隣住民への配慮と速攻や河川への土砂流出の抑制)
・夏季における照り返しや気温上昇の抑制
(環境にやさしいヒートアイランドの軽減・温暖化対策)
・生徒・教職員。地域住民のストレスの軽減(景観向上による癒し、いじめ防止)
・部活動などにおける大都市圏からの生徒募集への効果
(大都市圏ほどグランド芝生化されている)
・グランドを地域に開放し、地域の輪・コミュニティの創出により学校への理解やイメージの向上

【芝生化 育成の記録】

6月25日(土) グランドの草刈り
       
6月26日(日) 芝生ポット苗移植場所のマーキング(サッカー部)
(夏芝)苗の搬入(業者:セリオガーデン様)

6月27日(月) 全校生徒による芝生ポット苗移植場所の穴掘り、及び移植
       1年生・教職員・業者 2校時間
       2年生・教職員・業者 2校時間
       3年生・教職員・業者 3校時間
サッカー部員・業者  放課後    

6月28日(火) ~10月13日(木)
       井戸・受水槽の設置運用・自動散水・自動芝刈り(ロボット)
       芝生育成期間

9月16日(金)~10月13日(木)
 (冬芝)種の搬入・種まき(業者)のち養生期間

10月14日(金) グランド芝生化完成式典

明誠高校の
SDGsの取り組み

What We Do

  • 1 貧困をなくそう
  • 2 飢餓をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 16 平和と公正をすべての人に
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう