PTA

PTA 会則

第 1 条

本会は明誠高等学校PTAと称し、事務所を同校内におく。

第 2 条

本会は、明誠高等学校在校生の保護者及び教員をもって組織し、本校教育の振興及び生徒の福利増進をはかり、学校の充実発展に資するとともに、PTA相互の教育的進展をはかるをもって目的とする。

第 3 条

本会は第2条の目的を達成するため下記の事業を行う。

  1. 毎年年度始めに総会を開き(必要と認めたる場合は臨時総会を開く)、第2条の目的達成のため諸問題を検討し定められた事項の議決承認を行う。
  2. 年2回以上役員会を行い、定められた事項の議決及び審議をなすとともに本会発展のため問題を提案し討議する。
  3. 好機を求めて研究会、発表会等を行い、その他本会の目的を達成するための行事、事業を行う。
  4. その他、必要と認めた事項

第 4 条

本会に下記の役員をおく。
会長 1名 副会長 7名 理事 若干名 監事 2名 幹 若干名
第 5 条

会長、副会長、理事及び監事は、選考委員会において選出し、任期を1ヶ年とする。但し、会長及び副会長の6名は保護者より選出し、1名の副会長は学校長とし、理事の1名は教頭とする。幹事は学校職員中より事務を掌理する副会長(校長)が選ぶ。

第 6 条

会長は、本会を代表しこれを運営し学校長である副会長は事務を掌理する。理事は、理事会において会の運営企画に当り、定められた議事の審議決定を行う。監事は会計を監査し総会に報告する。

第 7 条

理事会は、会長、副会長、理事、幹事をもって構成し、予算案決議案の作成、年中行事の決定及びその他事項の決定実施をする。

第 8 条

本会は顧問をおくことができる。顧問は理事会において推薦する。

第 9 条

総会は会員総数3分の2以上の出席をもって成立し、下記の事項の議決及び承認をする。但し、議決承認は出席会員により多数決をもって定む。

  1. 決算及び予算案の承認または議決
  2. 年中行事の承認
  3. 会則の変更
  4. その他の必要と認められたる事項及び理事会より提出された事項の議決または承認

第10条

本会は第2条の目的を達成し、会の運営を盛にするため毎月会費を納入する。但し、会費は総会の承認を得て決定する。

第11条

新入会員は入会の当初入会金を納入するものとする。但し、入会金は総会の承認を得て決定する。

第12条

会費は毎月月謝及びその他の納金とともに納入する。

第13条

本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第14条

本則の施行は必要なる事項及びその他必要と認められた事項は、理事会において細則を定め、総会の承認を得て実施する。

附則

  • 本会則は昭和36年4月30日より実施する。
  • 昭和37年 5月 2日 一部改正
  • 昭和38年 4月27日 一部改正
  • 昭和39年 4月29日 一部改正
  • 昭和44年 5月24日 一部改正
  • 昭和48年 5月 1日 一部改正
  • 昭和51年 5月 7日 一部改正
  • 昭和54年 5月 2日 一部改正
  • 昭和57年 4月28日 一部改正
  • 平成 3年 5月10日 一部改正
  • 平成 7年 4月 1日 校名変更
  • 平成13年 5月26日 一部改正
  • 平成23年 5月14日 一部改正