女子バスケ部:県総体

日付:6月5日~6月6日
場所:県立体育館

結果:準優勝
ベスト5…岩崎まりあ(小野中)

詳細は別紙参照

顧問:田中先生より
3年生にとって最後の総体は、気持ちの入ったゲームも多く、毎年波乱が起きる。女子も第3、第4シードが敗れるという波乱が起こり、準決勝の対戦相手は、第3シードの松江北高校に勝った出雲北陵高校で、勢いのあるチームだった。第2ピリオドからゾーンDFをしかけられ、どはまりして中々攻められなかったが、ビハインドを何とか追いつき、勝つことができたのが、今年のチームの強さだと思う。しかし、選手を休めることができず、決勝戦では苦しい戦いを強いられた。松江商業も決して万全ではなかったが、やはり伝統校の強さが際立っていた。うちはシュートが決めきれず、流れを最後までつかむことができずに終わったことは本当に悔しい。全国の道のりはまだまだ遠いし、鍛え方が足りないと思った。この敗戦を冬に活かせるように、またがんばっていきたい。 決勝では敗れたが、石見地区の高校で準優勝というのは23年ぶりの快挙、今回は浜田市開催でホーム感も強いという最高の環境の中で試合ができたことは選手にとってもものすごい良い経験になった。あとは見応えのある決勝戦にどれだけ冬までに持ち込めるか…。1番になって全国へ行く、という目標をもう一度新たにして新チームに移行してもがんばっていきたい。

カテゴリー: トピックス2015, 女子バスケ, 学校行事, 部活動, 部活動状況2015   個別表示