陸上部:新人駅伝

日付:3月13日~3月14日
場所:浜山運動公園

総合結果 
(27km)
1位  出雲工業A  1時間26分45秒
2位  平田高校   1時間27分16秒 
3位  明誠高校   1時間30分28秒

本校 個人の結果  第4位
1区(8km)  上岡  拓海 (桜江中) 26分40秒  区間5位
2区(2.7km) 若松  弘樹 (田万川) 9分19秒   区間11位
3区(4.8km) 野村  健策 (弥栄中) 15分25秒  区間3位
4区(4.8km) 佐々木翔太 (鎌手中) 16分16秒  区間3位
5区(6.8km) 森    健也 (三隅中) 22分48秒  区間3位

顧問:高橋先生より
2区に使った競歩の若松の結果次第では6~7位辺りもありうるとの見解で私も何とかその区間さえ乗り切れれば…と故障上がりで経験の少ない若松にとってはとてもプレッシャーもあったことと感じる。その若松が痛い脚を必死に踏ん張り、3区、4区、5区を走った先輩に襷を繋げ、以降の区間を走った2年生の先輩が奮起して激走したことが何よりも指導者 としては嬉しかった。
特に3区を激走した野村は昨年も走った同区間のタイムよりも75秒も早く走り、区間3位。区間賞は男子駅伝島根代表選手、同2位は中国新人陸上3位の県内トップランナーを相手に僅か数秒しか負けない区間賞に迫るタイムを出してチームに勢いをつけた。
全国高校駅伝に出るには、練習の質をあげて環境整備を行っていかなければならないが、秋の本番に向けて今後も精進していきたい。

カテゴリー: トピックス2014, 学校行事, 部活動, 部活動状況2014, 陸上部   個別表示