卓球部:国民体育大会卓球競技会

日付: 10月9日~10月16日
場所: 大村市体育文化センター

<少年女子>
1回戦 島根 3:0 山梨  
2回戦 島根 3:0 山形  
3回戦 島根 0:3 大阪   ~ベスト16入り

顧問:岸先生より
玉石幸穂と松岡綺梨と松徳学院の小村歩未の3選手と予備登録選手の岩田明峰 監督 岸 卓臣、支援コーチ 足立泰志(松徳学院)、トレーナーとして理学療法士の松本拓也のメンバーで参加した。台風の中総合開会式にも参加した。1回戦の山梨はインハイダブルス3位の2名が中心で苦戦が予想された。序盤こそ苦しんだが粘り強い試合運びで快勝、つづく2回戦はオール3-0で圧倒的な勝利で久々のベスト16入りを決めた。8決定は世界選手権代表の森さくら、インターハイチャンピオン擁する大阪であったが果敢に攻め、玉石、松岡共に1ゲーム目を先取するなど食い下がった。結果0:3で敗れたが収穫の多い大会であった。全員2年生で来年の活躍が楽しみであるが、周りを見渡すと、山口、岡山がベスト8、広島、島根がベスト16と中国地方は大変レベルが高いのでブロック予選突破も大変な状況である。今回、理学療法士が帯同してくれ、ウォーミングアップ、クーリングダウン、カラダのケアやプランニングと非常に助かった。感謝している。

卓球長崎国体

卓球長崎国体

カテゴリー: トピックス2014, 卓球部, 学校行事, 部活動, 部活動状況2014   個別表示