平成25年度 卒業式

3月1日、平成25年度の卒業式が挙行され、男子58名、女子56名、計114名の生徒たちが巣立った。

益田商業高校時代からの流れを汲んだ情報科は、今年度が最後の卒業生であった。
永島校長は式辞で「情報科最後の卒業生として、3年間よく頑張ってくれた。ありがとう。」と述べ、「明誠高校で培った自分の力を信じて、未来への一歩を踏み出してほしい。」と卒業生たちを激励した。

在校生代表の坂本大輝くん(美都中)は、「雨で延期された体育祭でしたが、当日は晴天のもと明誠高校が一つになったのが心に残る思い出です。先輩たちの思いを忘れず、伝統を受け継いでいきたい。」と送辞を述べた。

峯村夏美さん(益田中)が答辞をし、各科それぞれの3年間の出来事を振り返った。辛かったこと、楽しかったこと感動したことがよみがえり、涙する生徒も見られた。

山本市長をはじめ、多くの来賓の方や保護者の方に見守られ、生徒たちは晴れやかな表情で会場を後にした。

カテゴリー: トピックス2013, 学校行事, 更新情報   個別表示