陸上部:島根県高校駅伝(準優勝)

日付: 10月30日~11月1日
場所: 浜山陸上競技場

区間 距離 選手名 クラス(出身中) 区間タイム 区間順位 通算タイム(通過順位)

一区 10.0km     入江廉太郎 3-5 (金城)  33’50″ 5 0:33’50″( 5 )
二区 3.0km     熊谷  篤弥 3-2 (美都)  09’24″ 2 0:43’14″( 3 )
三区 8.1075km  森    健也 2-3 (三隅)  27’36″ 5 1:10’50″( 3 )
四区 8.0875km  上岡  拓海 1-4 (桜江)  27’17″ 3 1:38’07″( 3 )
五区 3.0km     家福  哲洋 3-2 (三隅)  10’04″ 2 1:48’11″( 3 )
六区 5.0km     野村  健策 2-3 (弥栄)  17’21″ 4 2:05’32″( 3 )
七区 5.0km     亀地  貴哉 3-3 (鎌手)  16’52″ 2 2:22’24″( 2 )
補員   若松  弘樹  1-5 (田万川)
補員   山﨑  定将  3-4 (青陵)
補員   佐々木翔太  2-2 (鎌手)    総合順位:2時間22分24秒 (2位)

顧問: 高橋先生より
今年レギュラーを務めた4人の3年生は、入学当初は満足な練習もできず、3年後の入賞は厳しいと思わせる状況であった。しかし1年経ち2年経つ毎に成長を見せてくれ、大会では2区熊谷、5区家福、7区亀地の3人の3年生がそれぞれの区間で区間2位の好走で、チームに流れを呼び込み、見事に準優勝を果たした。しかし選手たちは準優勝にも関わらず、レース後は笑顔も少なく、反省の弁さえ語った。3年間でここまでに成長してくれた選手を称えたい。また、選手はこのチームとして最後の駅伝となる2週間後の中国大会に既に気持ちが切り替わっている。今シーズンベスト記録で最後をしめようと全部員が熱く燃えている。

 

カテゴリー: トピックス2014, 学校行事, 更新情報, 部活動, 部活動状況2014, 陸上部   個別表示