卓球部:第61回中国高等学校卓球選手権大会島根県予選大会

日付: 4月25日~27日
場所: 益田市民体育館

~結果~

<男子団体>
3位 (新宮・山内・國近・岩本・黒岩・西尾・井上・八木)

<女子団体>
1位:11年連続19回目
(藤原・吉見・玉石・松岡・高原・伊藤・吉田・岩田)

<男子シングルス>
ベスト16:新宮拓人③(益田東)・山内萌亜③(松江第2)

<女子シングルス>
1位 松岡綺梨②(右田)
2位 玉石幸穂②(大成)
3位 藤原吾実音③(大成)
ベスト8: 高原唯里②(右田)・吉見有加子③(益田東)
ベスト16:吉森実青③(柿木)・岩田明峰①(五日市)・伊藤沙羅②(浜松修学舎)・古池有希1(荒牧)

<男子ダブルス>
ベスト8 新宮・山内組

<女子ダブルス>
1位 玉石・松岡組
2位 高原・岩田組
ベスト8:藤原・吉見組

顧問: 岸先生より
男子は中国人を含む有力新人生が他校に入学したため入賞者は減ったが、初めてベスト32に入った選手が3名おり、全体的にレベルアップが実感できた。インターハイ予選に向けて少しでも差を縮めたい。
女子は危なげなく11連覇を達成。また、個人戦では部員11名中9名が中国大会出場権を獲得できた。
割合としては過去最多レベルである。新入生の活躍もありレギュラー争いも熾烈になりインターハイ予選も激しい代表争いが予測される。昨年は3位であった中国大会での優勝を目標に強化に取り組みたい。

カテゴリー: トピックス2014, 卓球部, 学校行事, 部活動, 部活動状況2014   個別表示