柔道部:中国予選(優勝)

日付:4月19日~21日
場所:県立武道館

◎結果

団体  
男子 べスト8      
女子 優勝(3年連続4回目)

個人  
60キロ以下級 門脇 カーロ 優勝      
48キロ以下級 西村 亜矢  2位      
63キロ以下級 三浦 芽瑠  優勝      
70キロ以下級 山口 康花  優勝  小川 絢女  3位      
78キロ以下級 上野 紗依  優勝  遠藤 乃愛  3位

 

◎総評  
松江市の県立武道館で中国予選が開催された。
初日は団体戦で、男子は優勝候補の開星高校と対戦し、3-0で敗れた。積極的な攻撃で相手を翻弄する場面もあり、負けたものの次に期待できる試合展開であった。
女子は、選手権で負けた平田高校と決勝で対戦し、2-0で勝利を収めた。春の全国大会に団体が出場できなかった悔しさを胸に、これまで稽古してきた。その成果を十分に発揮し、無念を晴らす事ができた。  
2日目の個人戦では、60キロ以下級では、門脇が力強い大腰で豪快に一本勝ちした。63キロ以下級の三浦は得意の背負い投げで一本勝ちした。70キロ以下級の山口は、冬場に鍛えた精神面を活かし、危なげない試合展開で勝利した。78キロ以下級の上野は、得意の大内刈りを駆使し、一本勝ちした。優勝した選手たちは、全ての試合で一本勝ちし、稽古で鍛えた力を発揮することができた。敗れた選手も課題を見つけ、次の目標に向けて、努力する姿勢を見せてくれている。  
県総体まで、残り1か月であるが、皆で笑い合えるような成績になるよう、精進していきたい。

柔道 中国大会

柔道 中国大会

カテゴリー: トピックス2019, 学校行事, 更新情報, 柔道部, 部活動状況2019   個別表示