平成30年度 卒業式

3月1日、平成30年度卒業式が挙行され、男子48名・女子65名・計113名の生徒たちが巣立った。

永島校長は式辞で「本校三年間で習得した、知識、技能と入学以来実践して来た本校校訓及び生活の三大指針である「挨拶・服装・言葉使い」を基にして、誠実に力強く考え行動し、感謝の気持ちをもち、前向きに明るく朗らかに人生を生き続け、いつまでも美しく素直な心ですべての人に関わっていって欲しいと思っています。」と卒業生を激励した。
在校生代表の矢部愛翔さんが送辞を述べた。
卒業生代表の佐々木凛さんが答辞を述べ、今までの感謝を伝えた。

多くの来賓の方や保護者の方に見守られ、盛大に挙行されました。

卒業生の皆さんこれからの活躍を応援しています。

 

 

カテゴリー: トピックス2018, 学校行事, 更新情報   個別表示