柔道部:中国大会

日付:6月15日~6月17日
場所:広島県立総合体育館武道場

<結果>

○団体 
男子…決勝トーナメント1回戦敗退 
女子…5位入賞

○個人
女子70キロ級 出水咲弥  池本雛多 3位入賞
女子78キロ級 上野紗依 5位入賞

 

<総評>  
広島県立体育館武道場で中国大会が行われた。初日の団体戦では、男女ともに予選リーグを突破し、初めて男女同時に、決勝トーナメントに進出した。男子は、予選リーグを2位で勝ち上がり、決勝トーナメントに進出したが、決勝トーナメント1回戦では、鳥取東高校と対戦し、攻める柔道を貫いたが3-1で敗れた。女子は予選リーグで勝敗が広島工大高校と同一となり、代表戦で主将の出水が「前に出る柔道」を展開し、ポイントを取り、勝利を掴んだ。決勝トーナメント1回戦で西京高校と対戦し、惜しくも敗れた。  2日目の個人戦では、13名が参加した。その中で、3名が決勝トーナメントに進出し、入賞することができた。今大会では全国大会でも上位入賞するチームと対戦ができ、良い経験をすることができた。男子は、基礎から体力を作り直し、次の大会に備えたい。女子は、インターハイに向けて、課題を明確にし、日々の練習に目標を持って取り組んでいきたい。

柔道 中国大会

柔道 中国大会

カテゴリー: トピックス2018, 学校行事, 柔道部, 部活動, 部活動状況2018   個別表示