柔道部:県総体(優勝)女子団体3年連続

日付:5月25日~5月27日
場所:県立武道館

<結果>

◎団体 
男子 3位  
女子 優勝(3年連続インターハイ出場)

◎個人 
60キロ級  門脇 カーロ 準優勝 石橋 弘希 3位 
66キロ級  安達 竜樹 準優勝
100キロ級  古川 竜大 準優勝 佐々木 湧太 3位  
48キロ級  西村 亜矢 準優勝
52キロ級  石橋 亜依 3位
57キロ級  山口 康花 3位
63キロ級  三浦 芽瑠 優勝 小川 初音 3位 
70キロ級  出水 咲弥 優勝 池本 雛多 準優勝 
78キロ級  上野 紗依 優勝

 

<総評>  
松江市県立武道館で県総体が開催された。初日の団体戦では、男女ともに怒涛の攻めを展開することができた。男子は、準決勝まで一度も負けることなく、勝ち進んだ。準決勝の平田戦では、やはりあと一歩力が及ばなかった。女子は、圧倒的な攻めをみせ、決勝の平田戦でも総力で勝り、3年連続で団体インターハイ出場を果たすことができた。

2日目の個人戦では、積極的に攻める姿勢が随所に見られる好試合が多く、男子は、初めて、7階級中3階級決勝の舞台に立つことができた。結果は惜しくもみな敗れたが、最後まで攻める姿勢を貫く柔道だった。女子は、7階級中4階級決勝に進出し、3階級優勝を果たした。男女とも特に3年生がこの県総体を自身の高校生活の集大成と位置付けるかのように、立派に競技してくれたことに誇りを感じている。

優勝者は、8月に三重県津市で行われるインターハイに出場する。次の目標に向けて、更に精進していきたい。

カテゴリー: トピックス2018, 学校行事, 更新情報, 部活動   個別表示