陸上部:益田市陸上競技大会(優勝)

日付:4月21日~4月22日
場所:益田市陸上競技場

【大会結果報告】

遠藤 直樹
男子100m 11”39 6位 自己新
男子走幅跳 5m22 8位

大久保 良真
男子100m 11”75(追参) ―
男子砲丸投 10m45 1位 自己新

豊田 亮介
男子100m 12”53(追参) ―
男子走幅跳 6m19 2位 自己新

垰田 瑛輝

男子100m 11”73(追参) ―

竹下 大斗
男子100m 11”78 ―

千代延 源太
男子100m 12”11 ―

篠原 政輝
男子100m 12”71(追参) ―

野上 萌士
男子100m 12”08 ―

川本 晟馬
男子100m 11”30 4位

米原 佑哉
男子100m 11”97 ―

杉原 拓真
男子800m      2’12”19 6位 自己新

高見 歩武
男子5000m 16’06”11 3位 自己新

勝部  遼
男子1500m      4’15”92 2位 自己新
男子5000m 16’03”76 2位 自己新

落合 雄大
男子1500m      4’17”05 3位 自己新
男子5000m 16’49”54 ―

日野 楼士
男子走高跳 1m65 3位
男子走幅跳 5m02(追参) ―

大久保 尚耶
男子走高跳 1m85 1位 自己タイ

奥田 捺暉
男子1500m      4’19”89 4位
男子5000m 15’56”22 1位

千代延 巧
男子1500m      4’20”52 5位
男子5000m 16’55”24 ―

黒木 直也
男子1500m      4’27”91 ―
男子5000m 16’39”10 7位

大屋 一喜
男子1500m      4’21”05 6位 自己新
男子5000m 17’02”63 ―

樋口  魁
高校男子砲丸投 8m94 3位

長嶺  聖
男子5000m 17’03”30 ―

上田 匠己
男子1500m      4’33”43 ― 自己新

毛利 林太郎
男子1500m      4’32”00 ― 自己新

末田 優人
男子1500m      4’40”92 ―

小西 拡汰
男子1500m      4’45”65 ―

高間 遥大
男子1500m 4’46”55 ―

今岡 蓮也
男子走高跳 1m65 3位
男子走幅跳 5m10 ― 女子部員

長戸 友花
女子100m      12”39 1位 自己新

井口 彩実
女子100m      12”98 2位

梨田 安乃
女子100m      13”43 6位 13”34(予選)

澁谷 里帆
女子100m      13”14 4位 自己新
女子400m 61”13 2位

拝上 芽生
女子100m      13”55 7位

大庭 亜弥
女子100m      13”90(追参) ―

森山  凛
女子100m      13”63(追参) ―

檜垣 ひなた
女子800m      2’38”46 6位

佐々木 麻由乃
女子800m      2’52”09 ―

杉内 宏衣
女子100m      14”82 ―

長島 日和
女子走高跳 1m56 1位

杉内 宏衣
女子砲丸投 9m91 1位 自己新

尾添 和奏
女子砲丸投 8m84 2位 自己新

 

リレー関係

①大久保 良真 ②川本 晟馬 ③垰田 瑛輝 ④竹下 大斗
男子4×100mR 44”98 2位

①遠藤 直樹 ②米原 佑哉 ③杉原 拓真 ④野上 萌士
男子4×100mR 46”46 4位

①梨田 安乃 ②井口 彩実 ③澁谷 里帆 ④長戸 友花
女子4×100mR 50”35 1位

 

男子においては戦力的に近年で最も厳しい。女子は長戸等、短距離陣や砲丸投の杉内、高跳びの長島を中心に県レベルのレースでも上位が伺える戦力となっており、今後も楽しみである。優勝種目は7種目と例年と比べ、若干少ないが、ここから総体までにどれだけ戦力が挙げられるか、正念場である。新入生においては、勝部遼、高見歩武等の長距離ブロックの1年生が本人曰く納得できる走りではなかったとの事だが、ますまずの結果で高校デビューレースを飾った。 “

カテゴリー: トピックス2018, 学校行事, 更新情報, 部活動, 部活動状況2018, 陸上部   個別表示