柔道部:中国大会

日付:6月16日~6月18日
場所:キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター

<結果>
団体 男子→5位入賞 女子→予選リーグ敗退
個人 女子48キロ級 三浦 瑛奈 初優勝
    女子78キロ超級 渡部 彩乃 3位
<総評>
 今回は男子9名、女子8名の計17名が中国大会に参加した。男子団体戦の予選リーグでは、
2年生の黒崎立成・安達竜樹コンビの活躍で強豪校を倒し、初の決勝トーナメントに出場したが、
予選リーグでは勝利した高水高校に敗れた。
女子団体は健闘するものの、予選リーグで敗退した。
個人戦では、それぞれの階級で強豪校と接戦を繰り広げた。中でも、48キロ級の三浦瑛奈は初戦から
果敢に攻め、勝利を重ねた。決勝戦では、練習を重ねた小内巻き込みで鮮やかな1本勝ちを収めた。
女子主将として、チームを引っ張りながらの勝利にチーム全体が歓喜の声が沸いた。
また、78キロ超級の渡部彩乃は、予選リーグで全中2位だった選手を支え釣り込み足で豪快に投げ、
予選を突破した。準決勝では、優勝した選手に果敢に攻撃をするも、先にポイントを取られてしまい、
敗れたものの自分たちの攻撃を徹底して行うことができた。
8月の福島県郡山市で行われる全国大会に向け、気持ちをリセットし、さらなる活躍ができるよう、
これからも努力していきたい。

カテゴリー: トピックス2017, 学校行事, 柔道部, 部活動, 部活動状況2017   個別表示