柔道部:インターハイ出場

日付:7月28日~8月3日
場所:カミアリーナ(出雲)

≪団体≫ 
女子 ベスト16

≪個人≫
男子 81キロ級 石橋 昂之介 1回戦負け

女子 
48キロ級 三浦 瑛奈 1回戦負け 
52キロ級 安永 陽菜乃 5位入賞  
52キロ級 岸本 夢奈 ベスト16     
63キロ級 小野 夏季 1回戦負け 
70キロ級 小川 初音 1回戦負け     
78キロ級 山﨑 彩加 1回戦負け 
78キロ超級 渡部 彩乃 1回戦負け

 

1週間という長い期間の中で生徒たちはよく頑張った。
女子団体では、福井工大福井高校を破り、ベスト16となる。 福岡の敬愛高校(春の選手権・金鷲旗ともに優勝)には、惜しくも勝つことが出来なかったが、大きな相手に対し、 果敢に攻め、会場を沸かせることが出来た。
個人戦では、特に3年生の活躍が目立った。これまでの集大成を見せるかのような動きであった。安永はひざの手術 をして、不安要素はあったが、リハビリ期間の下半身強化が結果を出した。苦しい期間を諦めず、取り組んだことが 今回の結果につながったように思う。岸本は春の全国 大会に出場したが、1回戦負け。その時の反省を生かし、攻め続けることを意識し、ベスト16となる。
島根県開催であり、大きな声援に生徒も十分にこたえようと頑張っていた。創部4年目で、全員が1つの目標としてきた 試合。全員が思うような結果を出したわけではないが、補助員も含め、全員が参加をすることが出来た、価値のある 大会となった。この経験から多くのことを学び、次の舞台に生かしていきたい。

H28 柔道部インターハイ

H28 柔道部インターハイ

カテゴリー: トピックス2016, 学校行事, 柔道部, 部活動, 部活動状況2016   個別表示