学校行事

入学したその日から生徒のみなさんの自分探しはスタートします。
明誠高校では勉強のほかに、文化・スポーツ面での活動を重視し、学園祭・研修旅行・講演会・芸術鑑賞など、年間を通じて様々な独特のイベントをプログラムしています。
熱く、夢中になって爽やかに高校生活をエンジョイし、「未知」の自分を探してもらいたいと考えています。

主な年間行事

  • 4月 April1学期始業式・入学式・オリエンテーション・スポーツテスト
  • 5月 May生徒総会・球技大会・PTA総会・中間テスト・壮行会・クリーンデイ
  • 6月 June県高校総会・総体報告会・各種検定・福祉実習・地域奉仕活動
  • 7月 July期末テスト・地区総体・学力テスト・保護者面談・全国大会壮行会・1学期終業式
  • 行事予定カレンダーを表示8月 August夏休み・進学者補習・向日葵祭(文化祭・体育祭)芸術鑑賞・2学期始業式
  • 9月 September各種検定・就職・進学試験開始
  • 10月 October研修旅行・中間テスト・校内弁論大会・各種検定・福祉実習
  • 11月 November各種検定・生徒会選挙・福祉実習
  • 12月 December臨時生徒総会・期末テスト・進路ガイダンス・2学期終業式・進学者補習・冬休み
  • 1月 January3学期始業式・センター試験・各種検定・介護福祉士国家試験
  • 2月 February学年末テスト・各種検定・進路ガイダンス
  • 3月 March卒業式・修了式・福祉実習・救急法講習・春休み・進学者補習・一日入学

学校行事スナップ写真

2018年07月のトピックス一覧

  • 珠算電卓部:珠算電卓競技大会 島根県予選
    2018/07/12

    第65回全国高等学校珠算・電卓競技大会 島根県予選

    日付:6月6日
    場所:仁万まちづくりセンター

     

    【大会結果 団体競技】

    1位 全国大会出場  
    兼子・岸田・田村

    1位 田村悠凪

    2位 兼子麻葵

     

    【大会結果(個人競技)】

    全国大会出場  兼子・岸田・田村

    ビジネス計算  
    1位 岸田侑花  2位 兼子麻葵

    読上暗算    
    1位 田村悠凪  
    2位 岸田侑花

    読上算      
    1位 岸田侑花

    団体優勝することができた。種目別競技でも、それぞれの種目で1位・2位に入り、健闘した。 念願の50年連続全国大会出場権(団体競技・個人競技)を獲得した。

  • 柔道部:中国大会
    2018/07/12

    日付:6月15日~6月17日
    場所:広島県立総合体育館武道場

    <結果>

    ○団体 
    男子…決勝トーナメント1回戦敗退 
    女子…5位入賞

    ○個人
    女子70キロ級 出水咲弥  池本雛多 3位入賞
    女子78キロ級 上野紗依 5位入賞

     

    <総評>  
    広島県立体育館武道場で中国大会が行われた。初日の団体戦では、男女ともに予選リーグを突破し、初めて男女同時に、決勝トーナメントに進出した。男子は、予選リーグを2位で勝ち上がり、決勝トーナメントに進出したが、決勝トーナメント1回戦では、鳥取東高校と対戦し、攻める柔道を貫いたが3-1で敗れた。女子は予選リーグで勝敗が広島工大高校と同一となり、代表戦で主将の出水が「前に出る柔道」を展開し、ポイントを取り、勝利を掴んだ。決勝トーナメント1回戦で西京高校と対戦し、惜しくも敗れた。  2日目の個人戦では、13名が参加した。その中で、3名が決勝トーナメントに進出し、入賞することができた。今大会では全国大会でも上位入賞するチームと対戦ができ、良い経験をすることができた。男子は、基礎から体力を作り直し、次の大会に備えたい。女子は、インターハイに向けて、課題を明確にし、日々の練習に目標を持って取り組んでいきたい。

    柔道 中国大会

    柔道 中国大会

  • 卓球部:中国卓球選手権大会
    2018/07/12

    第70回中国卓球選手権大会

    日付:6月15日~6月17日
    場所:岩国市総合体育館

    河野凪紗5位入賞!(来年度の推薦出場決定)

     

    <男子シングルス> 
    1回戦敗退  
    安原 迅(大田第二②)

     

    <女子シングルス>

    5位      
    河野凪紗(玖珂②)

    3回戦敗退  
    池田未来(近大福山③)森岡恭加(益田①)郡山七海(就実②)

    2回戦敗退  
    江口詩織(中間東③)萱嶋沙希(益田東③)山本 愛(玖珂②)
    野村優香(益田③)大﨑あみ(青陵③)岡本優莉奈(玖珂②)
    栗本結有(魚住①)野村愛美(益田③)

     

    <女子ダブルス>

    3回戦敗退  
    萱嶋沙希・河野凪紗組、梅森由萌香(玖珂②)・郡山七海組   
    野村優香・山本愛組

    2回戦敗退  
    池田未来・野村愛美組、山﨑音愛・栗本結有組

    1回戦敗退  
    古川未夢羽(高津①)・森岡恭加組

    女子シングルスで河野凪紗が2年連続の5位入賞。中国電力・日野自動車など実業団だけでなく高校中学も中国地区はとてもレベルが高いので立派な成績である。また多くの卒業生が大会に参加していたり、会場に足を運んでくれ激励をいただいた。

  • 陸上部:中国高校陸上選手権
    2018/07/12

    第71回 中国高校陸上競技選手権

    日付:6月14日~6月17日
    場所:山口市・維新100年運動公園

    大久保 良真
    男子混成8種 3997 18位

    勝部  遼
    男子5000m 16’19”93 26位

    日野 楼士
    男子走高跳 1m91 8位 自己タイ

    大久保 尚耶
    男子走高跳 1m80 23位

    奥田 捺暉
    男子5000m 16’06”47 25位

    黒木 直也
    男子3000m障害 10’33”03 ―

    樋口  魁
    男子円盤投 38m93 7位 自己新

    長戸 友花
    女子100m      12”08(追参) 3位 予選12”13 (自己新) 全国高校出場
    女子200m      25”99 準決勝進出

    井口 彩実
    女子走幅跳 5m39 15位

    澁谷 里帆
    女子200m 26”57 ―
    女子400m 60”04 準決勝進出 予選58”93 (自己新)

    拝上 芽生
    女子100mH      16”02 ―
    女子400mH      66”33 ― 自己新

    長島 日和
    女子走高跳 1m62 1位 全国高校出場

    杉内 宏衣
    女子砲丸投 9m80 18位
    女子円盤投 18m72 27位

    尾添 和奏
    女子砲丸投 9m84 16位 自己新
    女子やり投 23m94 29位

     

    男子4×100mR 43”45 ― 
    ①遠藤 直樹 ②川本 晟馬 ③垰田 瑛輝 ④今岡 蓮也

    女子4×100mR 48”32  6位 全国高校出場 準決勝 48”26
    ①森山  凛 ②長戸 友花 ③井口 彩実 ④澁谷 里帆

    女子4×400mR 4’06”02 ― 
    ①澁谷 里帆 ②拝上 芽生 ③森山  凛 ④檜垣 ひなた

     

    長島優勝!(女子走高跳) 長戸3位(女子100m)、女子400mリレーは3年連続IH出場  
    昨年度の中国新人陸上女子走高跳で優勝した長島日和が自己記録の1m65には若干届かなかったものの、自信のある跳躍を見せ、貫録の優勝を飾った。
    また女子短距離陣のエース長戸友花も女子100mにおいて予選、準決とラウンドを上がる度に調子を上げ、決勝においては追風参考記録ながら、11秒台目前の12秒08で走り、3位入賞を果たした。エース長戸を擁する女子リレーメンバーも中国大会用の新しい走順メンバーが見事に当てはまり、今シーズンのチームベストを1秒も短縮して見事6位入賞を果たし、女子400mリレーとしては3年連続のインターハイ出場を成し遂げた。
    男子においては男子円盤投の樋口魁が自己新で7位、男子走高跳で日野楼士が自己タイ記録で8位とインターハイ出場は叶わなかったが、3年生として最後に意地を見せることができた。

  • 2018年 球技大会行われる
    2018/07/09

    7月4日に「平成30年度 第1回 球技大会」が行われた。
    体力および集団行動の能力向上をはかり、クラスの友好と親睦を深めることを目的とし開催された。

    【卓球】
    ・男子  1年2組
    ・女子  2年1組

    【バレーボール】
    ・男子  3年2組
    ・女子  3年3組

    【バスケットボール】
    ・男子  2年2組
    ・女子  3年2組

    【サッカー】
    ・男子  2年2組
    ・女子  3年4組